カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

HAU 北欧旅行記【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 後編】


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記

そうこうしているうちに第一の乗り継ぎ地点、コペンハーゲン・カストロップ空港着に到着。
飛行機から降りたら、案内板(日本語表示もあり)にしたがって通路を進み、まずは手荷物検査を受けます。
ここでうかうかしているとあっという間に行列ができてしまうので、飛行機を降りたらなるべくさっさと手荷物検査を受けに行きましょう。


手荷物検査を済ませたら、次は入国審査。
今回の旅で訪れるスウェーデン、フィンランド、デンマークはいずれもシェンゲン条約加盟国なので、初めに入国した国、つまりこのコペンハーゲン(デンマーク)で入国審査を行えば、この後のストックホルムやキルナ(スウェーデン)、フィンランドでの入国審査はありません。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
入国審査カウンター前のエリアにはセブンイレブンもあり。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
入国審査後のエリア。

このカストロップ空港は、近代的で本当に美しい空港です。
その辺に置いてあるイスなんかも、北欧っぽいおしゃれ〜な感じ。
搭乗案内などのアナウンスも流れておらず、とても静かで雰囲気もいいです。
(そのかわり、フライト予定は案内モニターなどでこまめにチェックしないと大変なことになります;)
ショッピングエリアやレストランも充実しているので、搭乗時刻までの時間も充分つぶせます。


カストロップ空港内の案内表示は大変わかりやすいので、迷うことなくストックホルム行きの出発ゲートまで辿り着けました。
(カストロップ空港にはスカンジナビア航空の日本人グラウンドサービスがいるらしいので、乗り継ぎ等が不安な方でも心配されることはないかと思います。)

ほぼ予定通りの時刻に離陸。約一時間ほどのフライトで、第二の乗り継ぎ地点、ストックホルム・アーランダ空港へと向かいます。

そして、そのアーランダ空港ではちょっとしたハプニングが…

コペンハーゲン・カストロップ空港からストックホルム・アーランダ空港行きの飛行機は国際線なので、当然国際線ターミナルに着陸します。
なので、次のキルナ行きの飛行機(国内線)に乗り継ぐには、国内線ターミナルまで移動しなければなりません。

国際線のターミナルと国内線のターミナルが結構離れている、ということは事前に調べて分かっていたのですが…

…アホな私は手持ちのガイドブックと空港の案内板の地図を見比べ、よく分からんなと思いながらも「まあ、あっちの方行けばそのうち辿り着くべ」などとのんきに歩き出しました。


でも…それが…間違いだった…


見事に迷子になりました(ノ´∀`*)

空港のほぼ端から端までひたすら歩き、やっと「なんか違う!」ということに気付く私。

この時点でかなり時間を食っていたので大急ぎで戻り、案内カウンターにいた係員のおじさんに道を尋ねます。

おじさん( ゚д゚):「とにかく、ここをまっすぐ行って、階段を下がり、そしてまた上がるんだ!」

ちょ、なんでそんなにアバウトなんですかとか色々つっこみたいのをこらえ、また分からなかったら他の人に聞くことにしてとりあえず走ります。
途中、やけに強面の職員のおじさん2人にもビクビクしながら道を尋ね、なんとか出発ロビーに到着。
この時にはもう空港内の写真を撮る余裕もないほど疲れ果ててました(;´Д`)
なのでアーランダ空港の写真はゼロです。すいません…

というわけで、私的にはこのアーランダ空港はちょっとわかりづらい空港でした。ちょっとトラウマ。
やはりこういう時間が限られている時は勘で歩いたらダメなのですね。皆さんはちょっとでも迷ったら素直に人に道を聞いてくださいね。
でも他の日本人観光客の方々は普通に辿り着けていたようなので、私がアホなだけかも(´∀`*)ゞ

しかし国際線ターミナルから国内線ターミナルまでは、迷子にならずに行けたとしても最低15分くらいはかかりますので、乗り継ぎの時間は余裕をもって取っておいたほうがいいでしょう。


そして…やっと辿り着いた出発ロビーでもトラブルが待ち受けていました。
なんと、天候不良のため、キルナ行きの飛行機が遅延しているというのです。
北極圏の天候不良っつたらよくわかんないけどそらもうものすごいことになってそうなイメージです。
もう今日は飛ばないんじゃないかとハラハラしながら待つ私。
さっきの迷子事件との合わせ技で、精神的にはもうズタボロです。

そしてストックホルムで一泊することも覚悟し始めたその時、フライト決行のアナウンスが!
結局約1時間遅れでアーランダ空港を出発しました。思ったより早く出発できてホッε-(´∀`*)
しかし飛行機大揺れでしたよ。飛行機好きな私ですが、生きた心地がしませんでした。よく飛んだなー。

23時30分過ぎ、ようやくキルナ空港に到着。
降りる前に防寒具をバッチリ装備しておきます。

一歩外へ出ると…さ、寒い((((;゚Д゚))))笑っちゃうぐらい寒い。
当然辺り一面銀世界。冷気が肌に突き刺さってきます。
とにかくここは早く空港内へ逃げ込みます。

まずは、キルナ滞在時に利用することになっている「リパンホテル」の送迎車を探します。
ここでホテルの送迎車に置いていかれてしまった、という話もよく聞きますので、とりあえず自分の存在をアピールしておきましょう(笑)
(キルナ空港からリパンホテルまでは車で15分ほどかかりますので、ご自分でホテルの予約をされる方は送迎車の予約確認もしておいたほうがいいかと思います。)

荷物受け取りのターンテーブル前でリパンホテルのプラカードを持ったドライバーさんを発見。自分の名前を告げておきます。(プラカードにその日の宿泊客の名前が書いてあるので、自分の名前を指差して「これは私だ!」と言えばOKです。)
途中でロストしてないか心配だった機内預け荷物もちゃんと出てきて一安心。

ちなみに、リパンホテルの送迎車はバンタイプで他の宿泊客と相乗りでした。
リパンホテルには冬季のみ日本人スタッフの方が駐在しているのですが、その方もドライバーさんと一緒にお迎えに来て下さっていました。
リパンホテルについてはまた後日詳しくお伝えしますね。良いホテルでしたよー(^^)

24時過ぎ頃、リパンホテルに到着。リパンホテルは全室キャビン形式で各部屋は独立しています。夜遅かったからか、送迎車で部屋の前まで送っていただけました。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こんな感じで各部屋の建物がズラーっと並んで建っています。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
各部屋の玄関はこんな感じ。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらがスタンダードキャビン(ダブル)の部屋。お、お洒落〜!

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ベッドまわり。

この後、クタクタだった私は軽くシャワーを浴びて爆睡してしまいましたとさ…




【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 前編】へ戻る
【2日目 キルナ機 へ進む

ページトップへ