カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

HAU 北欧旅行記 ◆目次◆


HAU 北欧旅行記 目次

まだ「犬グッズ通販サイト HAU」がオープンする前の2010年2月。
商品買い付けを兼ね、スウェーデン・フィンランド・デンマークの三国を巡る北欧旅行に行ってきました!
その時の様子を北欧のワンコ写真満載でお届けします。

買い付けを兼ねたとはいっても、あくまで観光メイン。
色々と遊んできましたので、これから北欧旅行の予定がある方にも参考にしていただけるよう、旅の情報もなるべく詳細に載せていきたいと思います。
ワンコ好きな方もそうでない方も、どうぞご覧下さいませ(^^)


【HAU 北欧旅行記 目次】




(少しずつアップする予定です。続きはもうしばらくお待ち下さい…。遅筆ですいません;)


HAU 北欧旅行記【旅程編】


HAU 北欧旅行記 第一回目は旅程編ということで、旅の目的や日程についてお話ししたいと思います。

さて、この旅行の最大の目的…それは「オーロラ」!

オーロラが見える場所は色々ありますが、今回はスウェーデン北部の「キルナ」という街を選びました。
キルナといえば、愛犬家さん達の間で人気の首輪やハーネス、リードなどを取り扱う「BJORKIS(ビヨルキス)」の本店がある場所!
観光ついでに「BJORKIS(ビヨルキス)」本店にも立ち寄ってこよう、という腹です(・∀・)

そしてせっかくの初北欧旅行だし、あそこも行こう、ここも行こうと考えた結果、こんな感じの日程になりました↓

【HAU 北欧旅行スケジュール】
期間:2010年2月12日(金)〜2月22日(月)

1日目:成田空港⇒スウェーデン・キルナ
2日目:スウェーデン・キルナ(終日)
3日目:スウェーデン・キルナ(終日)
4日目:スウェーデン・キルナ(終日)
5日目:スウェーデン・キルナ⇒スウェーデン・ストックホルム
6日目:豪華客船シリヤラインでの船旅 スウェーデン・ストックホルム発(船中泊)
7日目:豪華客船シリヤラインでの船旅 フィンランド・ヘルシンキ着
8日目:フィンランド・ヘルシンキ(終日)
9日目:フィンランド・ヘルシンキ⇒デンマーク・コペンハーゲン
10日目:デンマーク・コペンハーゲン⇒成田空港

なんとしてもオーロラを見ようと、キルナでの滞在を多めに設定しました。
今回、旅の手配はすべて旅行会社さんにお願いしたので楽ちんです(^ω^)

そして初北欧旅行を前にちょっとテンション上がった私は、旅のしおりなども作ってみました。
しおり作成に大変活躍したのが、Google マップの「マイマップ」という機能です。
行きたい場所に印をつけたりメモをしたりはもちろん、ネット上で複数の人と地図を共有・編集できるので、友達同士での旅行なんかには本当に便利かと思います。

あとは「地球の歩き方 北欧」を購入。
デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドのガイドが一冊にまとめられています。
この本には大変お世話になりました。帰るころにはボロボロになってました(;^ω^)

そんな感じで旅先の情報収集も済ませ、次回は真冬の北欧を巡るためにそろえた装備・持ち物についてのお話です。




「HAU 北欧旅行記◆目次◆」へ戻る
【持ち物編】へ進む

HAU 北欧旅行記【持ち物編】


HAU 北欧旅行記、今回は持ち物編です。へへへ、なかなか出発しませんね(;^ω^)

しかしなんてったって向かう先は冬真っ只中の北欧。
気温マイナス10℃もザラの世界。装備も重要な問題です。

今回は私がこの旅行に持って行った物・持って行けば良かったと思った物の中から重要と思われるものをリストアップし、品名の横に評価をつけました。→(○:必須 △:あまり必要ないかも ×:いらない)あくまで私の判断ですが…
長文になりますが、私自身何を持っていくかかなり迷ったので、特にこれから初めて寒い地域やオーロラ観測に行く予定のある方は是非参考にしてみてください(^^)

まずは、持って行った物のリストから↓

  • ニット帽 ○
    必須。特に耳が寒さでやられるので、耳あてつきのものがおすすめ。特にウール製だと暖かいです。
  • イヤーマフラー ○
    オーロラ観測やスノースポーツなど、外にいる時間が長い方は持っていった方が安心です。
  • ネックウォーマー ○
    必須。顔の下半分くらいまで覆える長めのものがおすすめ。ヘルシンキ等の都市部でも雪が降ると顔に当たって寒いです。マフラーも持っていきましたが、結びなおすのが面倒なのであまり使いませんでした。
  • スキージャケット  ○
    旅行中ずっとスキージャケット着てました。これのおかげでオーロラ観測中も、雪の中で転んでも寒さを感じませんでした。普通のダウンジャケットでも重ね着すれば大丈夫ですが、撥水加工されているものがおすすめです。
  • フリース(ジャケットorトレーナー) ○
    インナー→長袖Tシャツ→フリース→上着という感じで着ると暖かい。ウールのセーターとかでもいいです。
  • スキーズボン ×
    雪と戯れたい、雪にその身をうずめてみたいという方には必要。私はオーロラ観測用にと思って持っていきましたが、結局厚手のスパッツ&ジーンズでいけました。普通に街で過ごす方には必要ありません。
  • 腹巻 △
    おなかが弱い方には必要。北欧の建物の中は暖房がよく効いているので、着けてるとちょっと暑いなと感じました。
  • スパッツ ○
    厚手で裏起毛のものを買いました。犬ぞり体験などのアクティビティの時以外はスパッツとジーンズの重ね履きで乗り切れます。
  • アンダー手袋とオーバー手袋 ○
    手袋は薄手のものの上にスキー用などの厚手でしっかりしたものを重ねて着けます。厚手のものだけだと細かい作業がしにくいですし、薄手のものだけだと寒さで手が死にます。
  • 普通の靴下と厚手の靴下 ○
    靴下も普通のと厚手のを重ね履きしようと持って行きましたが、私はスノーブーツを履いていったので結局重ね履きしなくても大丈夫でした。
  • スノーシューズ ○
    都市部でも雪が溶けて道がベシャベシャしているので、普通のスニーカーはおすすめしません。NORTH FACEのNuptse Bootie(ヌプシブーティ)というものを購入しました。軽くて暖かく、街で履いてても違和感のない見た目なのでおすすめです。
  • サングラス ×
    一応持っていったものの全く使用せず。
  • パジャマ △
    ホテルの中は暖房が効いてて暑いくらいなので、厚手のスウェット等は必要ありません。Tシャツ短パンで丁度良いくらいです。
  • スリッパ ○
    ホテルには置いてありません。
  • シャンプーとリンス ○
    全身洗浄剤みたいなのがひとつ置いてあるだけのことが多いので持っていったほうが良いです。
  • 歯ブラシ ○
    海外のホテルにはたいていありません。
  • ドライヤー △
    今回泊まったホテルにはすべて置いてあったので必要なかったです。ただし、威力は弱いです。
  • 保湿ケア用品 ○
    乳液・ボディクリーム・リップクリームを持って行きました。建物の中は暖房で非常に乾燥しているので必須でした。
  • 使い捨てカイロ ×
    これは意外と使いませんでした。重ね着して、靴はスノーシューズにすれば充分暖かかったです。デジカメが冷えないように、ケースの中に一緒に入れておくのに使っただけ。
  • デジカメを入れる保冷ケース ○
    外と室内の気温差が激しいので、外で写真を撮っている内に冷えたデジカメを暖かい室内にはだかで置いておくと、結露して故障の原因となるようです。写真を撮り終えたら保冷バッグに入れ、室内でもしばらくは保冷バッグに入れっぱなしにしておきます。100円ショップなどで売っているもので充分です。私は家にあった、要冷蔵の食品を買った時にもらった保冷バッグから自作しました。

お次は持っていけば良かったと思ったもの↓
  • 小型加湿器
    何度も書いてますが、ホテルの中は本当に暖房が効いていて非常に乾燥します。私は体中痒くなってしまいました。次回は持っていこう、と決心したもののひとつ。
  • 小型湯沸かし器
    日本のホテルではよく見る小型湯沸かし器ですが、北欧のホテルにはあまりないようです。(キルナのリパンホテルでは各部屋に置いてました。)これがあれば、寒い外から帰ってきて、熱いコーヒーで一息入れたりできたなぁと。
  • 洗面器
    洗濯に使えます。今回は小さい洗濯板を持っていったのですが、はっきり言って洗いにくいです。洗面器なら中でザブザブ洗ったり、つけおき洗いできたり便利だと思います。


この旅全体を通して言えることは、服装についてはそんなに心配することもなかったかなと。都市部にしか滞在しない場合は、多分皆さんの冬服の中で最強に暖かいと思われる組み合わせでいけます。特に高価な上着などを購入する必要はありません。
重要なのは、重ね着して体温調節しやすくすること。外は寒く室内は暑いので、サッと脱いだり着たりできるようにすると過ごしやすいです。ただし、靴は濡れても大丈夫なスノーシューズをおすすめします。
買って良かったと思ったものは、長めのネックウォーマー。とにかく顔が寒いので、これを顔の上まで引っぱり上げて寒さをしのぎました。
また、スノースポーツやアクティビティ等を楽しまれる方、雪遊びをしたい方で、ホテルやツアー会社から防寒具をレンタルできない場合はスキーウェアが必要です。


……ふう(;´∀`)
旅行からだいぶ経っているので、記憶を手繰り寄せながら書きました。何か思い出だしたり抜け落ちていることがあったら、書き足そうと思います。


それでは、次回いよいよ出発します!前置き長くてすいません('A`;)




【旅程編】へ戻る
【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 前編】へ進む

HAU 北欧旅行記【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 前編】


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記

2010年2月12日。
いよいよ、待ちに待った北欧旅行出発日です。

本日は移動日。
この北欧旅行では全体を通して、スカンジナビア航空を利用しました。当然エコノミークラス。

さて、最初の目的地であるスウェーデン・キルナに辿り着くためには、2回ほど乗り継ぎをしなければなりません。
合計約13時間半ほど飛行機に乗ることになります。結構ハード('A`)

そんな本日のおおまかな予定はこちら↓

  • 12:30 成田空港発(SK984便)⇒16:05 コペンハーゲン・カストロップ空港着[乗り継ぎ]
  • 18:10 コペンハーゲン・カストロップ空港発(SK1426便)⇒19:20 ストックホルム・アーランダ空港着[乗り継ぎ]
  • 21:10 ストックホルム・アーランダ空港発(SK1046便)⇒22:50 キルナ空港着 送迎車にてホテルへ

当日は寝坊することもなく、パスポートを忘れることもなく無事フライトの2時間前には成田空港へ到着。

ちなみにスウェーデン通貨であるSEK(スウェーデンクローナ)への両替は、数日前に三菱東京UFJ銀行系列の外貨両替専門店「ワールドカレンシーショップ」で行っておきました。レートは空港の両替所とそう大差ないようですし、なにより当日空港で慌てなくてすむので便利です。
北欧諸国はカード社会ですので、たいていのお店でクレジットカードが使えます。
(乗り物の発券機や公衆電話、タクシーでは現金のみの場合もあるようです。)
私は一万円分ほどしか両替しませんでした。

というわけで成田では特にすることもなく、とりあえずスカンジナビア航空チェックインカウンターへ。

成田からキルナまでは2回ほど乗り継ぎがありますが、キルナまで全てスカンジナビア航空を利用した場合、この成田空港でチェックインした時点で自動的に(?)コペンハーゲンとストックホルムの空港のチェックイン手続きもしてくれます。乗り継ぎカウンター等へ行く必要はありません。
機内預けにする荷物も途中の空港でピックアップする必要はなく、最終目的地のキルナまで運んでもらえます。
楽ちんですね。

しかし!ここでひとつポイントが。
冬にキルナまで行く方に注意していただきたいのですが、防寒具は機内預け荷物にせず、手荷物で機内に持ち込むようにしましょう。キルナ空港は飛行機からの降り口と空港内が直接繋がっていません。ですので、キルナ空港着後、飛行機から降りるときに一度外へ出て、そこから歩いてキルナ空港建物内に入る形になります。歩くといってもほんの数十秒ほどですが、冬の夜のキルナは半端なく寒いです。
ちなみに私はダウンジャケット、ニット帽、ネックウォーマー、手袋を機内持込にしました。

チェックイン、手荷物検査、出国審査を終えたら、あとは出発を待つばかり。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
あいにくの曇りですが、飛行機に乗る前はわくわくしますね+(0゚・∀・) +

そして予定通り12:30頃、無事離陸。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
離陸後まもなく、お菓子(プレッツェル)とドリンクのサービスが。
この一回目のドリンクサービスの時に限り、アルコール類も無料で頼めます。


SK984便は全席モニター付きで映画や音楽、ゲームなどを楽しみながら過ごせます。
見たかった映画が上映してたので見ようと思いつつも、寝不足だったためフライト中ほぼ爆睡してました。

それでは、ここからは空の旅の楽しみのひとつ、SK984便機内食の全容をお伝えします(`・ω・´)

まずは一回目の機内食から。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こんな感じ。左奥に見えるのはカッパ巻きとマス寿司のようなもの。あったかいパンとデザートも付いてます。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらがメイン。ご飯&牛肉と野菜の炒めもの。甘辛味で普通においしいです。


そして2回目の食事までの間には、こんな軽食が出ます。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ポーラーサンド。ハムかチーズが選べます。
私はチーズ味にしてみました。これ、激ウマです!ハムも食べてみたかった…
この他に各種おにぎりも用意されていました。


コペンハーゲン到着2時間前くらいに、2回目の機内食が出されます。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
コロッケバーガーと、なぜかそばのセット。デザートとポッキー付き。
コロッケバーガーは結構大きくて味もおいしい!
スカンジナビア航空の機内食は全体的に結構おいしかったですね。
フライトアテンダントさんがあたたかいパンを配ってくれるのが嬉しい。
パンは数種類あり、おかわりもできます(´∀`)


ちょっと長くなってしまったので、ここで一旦区切ります。
続きはHAU 北欧旅行記【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 後編】へどうぞ。




【持ち物編】へ戻る
【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 後編】 へ進む

HAU 北欧旅行記【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 後編】


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記

そうこうしているうちに第一の乗り継ぎ地点、コペンハーゲン・カストロップ空港着に到着。
飛行機から降りたら、案内板(日本語表示もあり)にしたがって通路を進み、まずは手荷物検査を受けます。
ここでうかうかしているとあっという間に行列ができてしまうので、飛行機を降りたらなるべくさっさと手荷物検査を受けに行きましょう。


手荷物検査を済ませたら、次は入国審査。
今回の旅で訪れるスウェーデン、フィンランド、デンマークはいずれもシェンゲン条約加盟国なので、初めに入国した国、つまりこのコペンハーゲン(デンマーク)で入国審査を行えば、この後のストックホルムやキルナ(スウェーデン)、フィンランドでの入国審査はありません。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
入国審査カウンター前のエリアにはセブンイレブンもあり。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
入国審査後のエリア。

このカストロップ空港は、近代的で本当に美しい空港です。
その辺に置いてあるイスなんかも、北欧っぽいおしゃれ〜な感じ。
搭乗案内などのアナウンスも流れておらず、とても静かで雰囲気もいいです。
(そのかわり、フライト予定は案内モニターなどでこまめにチェックしないと大変なことになります;)
ショッピングエリアやレストランも充実しているので、搭乗時刻までの時間も充分つぶせます。


カストロップ空港内の案内表示は大変わかりやすいので、迷うことなくストックホルム行きの出発ゲートまで辿り着けました。
(カストロップ空港にはスカンジナビア航空の日本人グラウンドサービスがいるらしいので、乗り継ぎ等が不安な方でも心配されることはないかと思います。)

ほぼ予定通りの時刻に離陸。約一時間ほどのフライトで、第二の乗り継ぎ地点、ストックホルム・アーランダ空港へと向かいます。

そして、そのアーランダ空港ではちょっとしたハプニングが…

コペンハーゲン・カストロップ空港からストックホルム・アーランダ空港行きの飛行機は国際線なので、当然国際線ターミナルに着陸します。
なので、次のキルナ行きの飛行機(国内線)に乗り継ぐには、国内線ターミナルまで移動しなければなりません。

国際線のターミナルと国内線のターミナルが結構離れている、ということは事前に調べて分かっていたのですが…

…アホな私は手持ちのガイドブックと空港の案内板の地図を見比べ、よく分からんなと思いながらも「まあ、あっちの方行けばそのうち辿り着くべ」などとのんきに歩き出しました。


でも…それが…間違いだった…


見事に迷子になりました(ノ´∀`*)

空港のほぼ端から端までひたすら歩き、やっと「なんか違う!」ということに気付く私。

この時点でかなり時間を食っていたので大急ぎで戻り、案内カウンターにいた係員のおじさんに道を尋ねます。

おじさん( ゚д゚):「とにかく、ここをまっすぐ行って、階段を下がり、そしてまた上がるんだ!」

ちょ、なんでそんなにアバウトなんですかとか色々つっこみたいのをこらえ、また分からなかったら他の人に聞くことにしてとりあえず走ります。
途中、やけに強面の職員のおじさん2人にもビクビクしながら道を尋ね、なんとか出発ロビーに到着。
この時にはもう空港内の写真を撮る余裕もないほど疲れ果ててました(;´Д`)
なのでアーランダ空港の写真はゼロです。すいません…

というわけで、私的にはこのアーランダ空港はちょっとわかりづらい空港でした。ちょっとトラウマ。
やはりこういう時間が限られている時は勘で歩いたらダメなのですね。皆さんはちょっとでも迷ったら素直に人に道を聞いてくださいね。
でも他の日本人観光客の方々は普通に辿り着けていたようなので、私がアホなだけかも(´∀`*)ゞ

しかし国際線ターミナルから国内線ターミナルまでは、迷子にならずに行けたとしても最低15分くらいはかかりますので、乗り継ぎの時間は余裕をもって取っておいたほうがいいでしょう。


そして…やっと辿り着いた出発ロビーでもトラブルが待ち受けていました。
なんと、天候不良のため、キルナ行きの飛行機が遅延しているというのです。
北極圏の天候不良っつたらよくわかんないけどそらもうものすごいことになってそうなイメージです。
もう今日は飛ばないんじゃないかとハラハラしながら待つ私。
さっきの迷子事件との合わせ技で、精神的にはもうズタボロです。

そしてストックホルムで一泊することも覚悟し始めたその時、フライト決行のアナウンスが!
結局約1時間遅れでアーランダ空港を出発しました。思ったより早く出発できてホッε-(´∀`*)
しかし飛行機大揺れでしたよ。飛行機好きな私ですが、生きた心地がしませんでした。よく飛んだなー。

23時30分過ぎ、ようやくキルナ空港に到着。
降りる前に防寒具をバッチリ装備しておきます。

一歩外へ出ると…さ、寒い((((;゚Д゚))))笑っちゃうぐらい寒い。
当然辺り一面銀世界。冷気が肌に突き刺さってきます。
とにかくここは早く空港内へ逃げ込みます。

まずは、キルナ滞在時に利用することになっている「リパンホテル」の送迎車を探します。
ここでホテルの送迎車に置いていかれてしまった、という話もよく聞きますので、とりあえず自分の存在をアピールしておきましょう(笑)
(キルナ空港からリパンホテルまでは車で15分ほどかかりますので、ご自分でホテルの予約をされる方は送迎車の予約確認もしておいたほうがいいかと思います。)

荷物受け取りのターンテーブル前でリパンホテルのプラカードを持ったドライバーさんを発見。自分の名前を告げておきます。(プラカードにその日の宿泊客の名前が書いてあるので、自分の名前を指差して「これは私だ!」と言えばOKです。)
途中でロストしてないか心配だった機内預け荷物もちゃんと出てきて一安心。

ちなみに、リパンホテルの送迎車はバンタイプで他の宿泊客と相乗りでした。
リパンホテルには冬季のみ日本人スタッフの方が駐在しているのですが、その方もドライバーさんと一緒にお迎えに来て下さっていました。
リパンホテルについてはまた後日詳しくお伝えしますね。良いホテルでしたよー(^^)

24時過ぎ頃、リパンホテルに到着。リパンホテルは全室キャビン形式で各部屋は独立しています。夜遅かったからか、送迎車で部屋の前まで送っていただけました。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こんな感じで各部屋の建物がズラーっと並んで建っています。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
各部屋の玄関はこんな感じ。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらがスタンダードキャビン(ダブル)の部屋。お、お洒落〜!

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ベッドまわり。

この後、クタクタだった私は軽くシャワーを浴びて爆睡してしまいましたとさ…




【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 前編】へ戻る
【2日目 キルナ機 へ進む

HAU 北欧旅行記【2日目 キルナ機


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記

2010年2月13日土曜日。
北欧旅行2日目です。

まずは、前回詳しくお伝えできなかったリパンホテルについてご紹介したいと思います。
リパンホテルは、キルナの中心街から徒歩12分ほどの場所にある全室キャビン形式のリゾートホテル。
オーロラは街灯や家の明かりなどのちょっとした光によって見えにくくなってしまうこともあるそうなので、街はずれにあるこのリパンホテルは絶好のオーロラ観賞ポイントです。
レセプション棟にはオーロラルーム、レストラン、バー、スポーツショップなどが併設されていて、特にレストランはキルナで一番美味しいと評判のようです。(私もディナーを食べてきました。詳細は後日)
アクティビティも充実していますので、ご家族や友人同士で行っても楽しめます。スキー用具や防寒具のレンタル(別料金)もありましたよ。
そして、11月上旬から4月上旬までの間、「NORDIC JAPAN(ノルディックジャパン)」社の日本語係員さんがホテルに駐在していますので、語学に自信がない方やなにかトラブルがあった時にも安心です。
私が滞在中にいらした日本人スタッフの方が大変親切で、色々と気にかけてくださり、本当にお世話になりました。
キルナの見所やその日のオーロラ出現率情報なども丁寧に教えていただけるので心強かったですよ(´∀`)


そうそう、遠いところからわざわざオーロラを見るためにやって来るのは日本人くらいだそうです…(´・ω・`)
最近キルナでは日本人誘致に力を入れているようで、リパンホテルにもオーロラ観賞のための小屋が新設されていました。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらがレセプション棟外観。
食堂もこの建物の中にあるので、朝起きたらまず各キャビンからこのレセプション棟に向かいます。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
レセプション棟ロビー。
内装はスカンジナビアンスタイルで統一されており、洗練された雰囲気。
朝行くと、奥のカウンターにいる日本人スタッフの方に「おはようございます(^^)」とお出迎えしてもらえて和みます。
オプショナルツアーを予約している方は、この時にツアーの時間などを確認しておくと安心です。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
レセプション棟2階オーロラルーム。
雑誌のようなおしゃれっぷり。大きな窓があるので、寝椅子でくつろぎながらオーロラを鑑賞することも可能です。朝食後のコーヒーをここで楽しむのもOKだそうです。

さて、肝心のリパンホテルの朝食ですが、なんと写真を撮ってくるのを忘れました;
シリアルやパンが基本でしたが、付け合せのドライフルーツやジャム、ハムやチーズなどの種類が豊富でどれも美味しかったので4日間飽きることなく食べられました。パンケーキがすごく美味しかったです(^^)
あと、なぜかスイカが大量に並べられていました…真冬だったんですけどね…



朝食を食べ終えたら、とりあえずキルナの中心街を探索しに行くことに。
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
向こうにチラッと見える建物がキルナ小中学校。
まずはあれを目指して雪の中をざくざくと進みます。

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
キルナといえば、鉄鉱石。
向こうの段々になっている山が鉱山だそうです。
街の観光案内所では、鉄鉱山見学ツアーを催行しているようなので、参加してみるのも楽しいかもしれませんね。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
キルナの街並み。
かわいい家ばかりでとてもキレイな街並みです。
この道をまっすぐ行くと、中心街に辿り着けます。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
街では丁度ウィンターマーケットが開かれていたのでちょっと覗いてみました。地元の人々で大賑わいです。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ペットグッズショップ発見!
BJORKIS(ビヨルキス)もズラーっと並べられておりましたよー


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
フードボウルが所狭しと積み上げられてます。
シンプルなものが多いですね。



犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらはカラフルなグミが並ぶお店。
お店のおばさんがにこにこと話しかけてくれました。旅行者にも優しいです。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ウィンターマーケットには、犬連れで来ている人もたくさん。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
キルナでは、お店の前に犬を繋いで待たせている光景が多く見られました。この辺は日本と同じですね。
しかし日本と違うなと思ったのは、待っている間に吠えたり、不安そうにキョロキョロしている犬が一切いなかったこと。
キルナのわんこ達は、みんな落ち着いた様子で飼い主さんを待っているのです。
さすが、しつけがしっかりしてるなと感じさせられました。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
しかし寒そう…
こんな雪の中で待っているなんて、君たちはなんて偉いんだ!

犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
お昼ごはんはキルナで唯一のハンバーガーショップ、「Sibylla」で食べることにしました。
何を隠そう、この旅の裏テーマは「北欧のハンバーガーを食い尽くせ」
ハンバーガー好きの私としては、見過ごすわけにはいきません。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
手前が「GREEN MEAL」、奥が「LAX MEAL(サーモンバーガー)」。
何というか、バンズも肉も馬鹿でかいんですがそれに収まりきれないほどの野菜もはさまっており、ハンバーガーと言うよりはほとんど凶器です。
食べにくっ!でもウマッ!な感じでした。


お腹もいっぱいになったところで、一旦ホテルへ戻ります。
リパンホテルに戻ってみると、こんなカワイイものが!↓
犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
レセプション棟の前で、どうやらご主人の用事が終わるのを待っている模様。
待ちすぎて雪がこのわんこの形に沿って溶けちゃってます。
そしてちょっと見えにくいですが、BJORKIS(ビヨルキス)のハーフチョークカラー着けてますねー。
色はグレー。お似合いです!

街でも犬を散歩させている人をたくさん見かけましたが、BJORKIS(ビヨルキス)着用率の高さには驚かされました。さすがはBJORKIS(ビヨルキス)のお膝元、キルナ。
あっちのわんこもこっちのわんこもみーんなBJORKIS(ビヨルキス)!街の人々に愛されているブランドなんだなぁと感じました。キルナでは特に蛍光色が人気のようでしたよ。


さて、今回キルナでは3つのオプショナルツアーに申し込んでみました。
今日はその中のひとつ、「アビスコ・オーロラスカイステーションツアー」へ行ってきます。
「アビスコ・オーロラスカイステーションツアー」とは…オーロラ観測地として人気のアビスコ内の山腹に位置する「オーロラスカイステーション」というオーロラ観測のための施設までリフトで向かい、暖かい室内で夕食をいただきながらオーロラ鑑賞!という、なんとも優雅なツアー。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらがアビスコ・オーロラスカイステーションでの夕食。写真がヘタであまり美味しそうに見えませんが…(;´Д`)
トナカイの肉です。あまりクセも感じず、美味しくいただけました。
これにパンとスープも付いてきます。


犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
デザートのチョコレートケーキ。
これは…とにかく激甘!何かの果物のソースがかかっていましたが、このソースも激甘!

しかしこのツアー…ちょっと誤算でした;
部屋に大きな窓があって、夕食を食べつつ室内からのんびりオーロラ鑑賞できるんだと勝手に思い込んでいたのですが…
実際は大きな窓なんぞなく、じゃあどうやってオーロラをみるのかというと…
なんと、夕食を食べている途中に、施設の人が「オーロラが出たぞー!」って呼びに来るんです(笑)
そうやって呼びに来るたびに夕食を中断して外にオーロラを見に行かなければならないわけです;
夕食はゆっくり食べていられないし、外へ出るたびに防寒具を着たり脱いだりしなきゃいけないしでなんだか慌しかったです(笑)
しかも吹雪がすごくて結局はっきりしたオーロラも見られず…(つД`)
その吹雪のおかげで帰りのリフトは途中で止まってしまうし…(本気で凍死すると思いました)
まあ、いろんな意味でとても貴重な経験ができたので良しとしときます(笑)


そんなこんなでホテルに着いたのは深夜すぎ。
おかげでこの日もぐっすりと眠れました(´∀`)




【1日目 成田⇒スウェーデン・キルナ 後編】へ戻る
【3日目 キルナ供曚愎覆

HAU 北欧旅行記【3日目 キルナ供


3日目キルナ供淡ぅ哀奪債免HAU 北欧旅行記
2010年2月14日日曜日。
北欧旅行3日目。

朝起きて、キャビンから出てみると…
朝焼け|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
気持ちの良い空が広がっていました!

キルナでは、オーロラの他にも運が良ければ「真珠母雲」という虹色に輝く雲が見られるそうです(今回は残念ながら見られませんでした)。
日本ではオーロラの様に有名ではありませんが、高緯度地方の冬季にしか見れないレアもの(?)らしいです。

さて、本日はこの北欧旅行で最も楽しみにしていた「犬ぞり体験」の日です。
昨日のアビスコ(オーロラスカイステーション)みたいに吹雪いてたら大変……と天候が気になっていましたが、良い天気で一安心。

早速、スノーアクティビティーの装備を整え、犬ぞりポイントまで向います(ホテルから送迎してもらえます)。
アクティビティーのときのスノーウェア、シューズなど防寒具のレンタルはツアー料金に含まれていることが多いので、わざわざ1、2回のアクティビティーのために本格的なスノーブーツやスノーウェアを持っていく必要はないです。かさばるし重いですからね。

着いてみると、犬の姿は見えず、代わりにこんなコンテナカーがありました。
そり犬カー1|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記

近づいてみると……
そり犬カー2|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
!?

そり犬カー3|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
コンテナカーに、そり犬達が収容されていました。

犬ぞり|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらが犬ぞり用そり。トナカイの皮が敷かれています。

ハーネス装着中|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ガイドの方が犬をコンテナから出し、ハーネスを取りつけていきます。

BJORKIS(ビヨルキス)犬ぞり用ハーネス|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
こちらはビヨルキスの犬ぞり用Xバックハーネス。

犬ぞり準備中1|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ちなみにこのワンコ達は全員アラスカンハスキー。
あまり耳慣れませんが、アラスカンハスキーというのは犬ぞりレースのために交配されたミックス犬の総称だそうです。

犬ぞり準備中2|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
どうですか、この表情!
「はやく行こ〜ぜ〜щ(゚∀゚щ)」といった感じでしょうか。気合い十分です。

いよいよ出発!
犬ぞり出発|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記

走るそり犬1|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ちなみに、そりは5人乗り。
身長が低い人から順番に先頭から乗っていくわけですが、私、余裕で先頭席ゲットしました。・゚・(ノ∀`)・゚・。ちょっと悲しい…
しかしおかげでこんな迫力ある写真が撮れたので良しとします。

走るそり犬2|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
美しい景色の中を走りぬけていくそり。

走るそり犬3|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
なんとここ、湖の上。
冬の間は犬ぞりやスノーモービルの通り道になるみたいです。

走るそり犬4|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ガイドさん含め6人も乗っているので大変そう…ハラハラしながら乗っていましたが、そんな心配はよそにワンコ達の走りは力強いです。

休憩|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
15分程走ったところでちょっと休憩。

コタの中|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
人間はこのようなコタと呼ばれる小屋の中で休憩をとります。
コーヒーと軽食がふるまわれ、火を囲みながら冷えた体を温めます。
頑張ったワンコ達も外でごはんをもらっていました。

ワンコ休憩中|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
雪を食べてクールダウンするワンコ。
休憩時間は結構長いので、この間にワンコ達と触れ合ったり、写真を撮ったりできます。
みんな思ったより人なつっこく、サービス精神旺盛(笑)

犬ぞり再出発|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
スタート地点に戻るため、再び出発!

走るそり犬5|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
ついつい前を走るワンコ達ばかり見つめてしまいますが、周りの景色も本当に美しいです。

そり犬達と触れ合え、北欧の美しい森の中を駆け抜ける爽快感が味わえるこのツアー、本当にオススメです!

犬ぞり終了|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
頑張ってくれたワンコ達、お疲れ様でした!


夜。
この日の夕食は、キルナで一番美味しいと評判のリパンレストランで。
2月14日限定の「リパン スペシャル ヴァレンタインメニュー」なるものをオーダーしてみました!

リパンレストラン前菜|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
まずはこちら
「北極圏産イワナとホタテのパテ・スプラウトサラダと海草ときゅうり和え」
なんと、きゅうりを凍らせてきめ細かいカキ氷状にしたものが上に乗っかってます。
新感覚な食べ方でしたが、味のほうはバッチリ、美味です!

リパンレストランメイン|犬グッズ通販HAU 北欧旅行記
お次、
「アントロコート(牛フィレ肉)とローストアーモンド、オニオンリング」
相変わらず写真がヘタでなんだかよくわからない感じに写っちゃってますが、実物はちゃんと見た目もきれいで美味しいんですよ!
ただ、ボリュームがすごいのでこの時点でかなりお腹いっぱい。

このあとデザートとして「チョコレートの盛り合わせ」が出されました。(写真撮るの忘れた…)さすがバレンタインメニュー。
しかし前日のアビスコのデザートの時も思ったんですが…北欧のデザート、激甘過ぎやしませんかね?
甘党の私ですが、完食するの結構大変でした(;´ `)

総合的には大変美味しかったので、機会があればまた利用したいなあ…。
皆様もキルナを訪れた際には是非行ってみてくださいね。




【2日目 キルナ機曚慳瓩
【4日目 キルナ掘曚愎覆

ページトップへ